今月10日(土)7時07分頃、鹿児島県のトカラ列島近海を震源地とするM5.2の地震が発生。この地震により、鹿児島県十島村・悪石島で最大震度4、奄美市、十島村・小宝島で震度3を観測。トカラ列島近海で震度4以上を観測する地震は2016年12月以来、約4年半ぶりとのこと。トカラ列島近海では、9日(金)の深夜から活発な地震活動が発生しており、12日(月)時点で、震度1以上の地震発生回数は200回以上を記録。同列島近海では、過去にもたびたび群発地震が発生し、2016年には1年近く地震活動が続いたこともあり、気象台は「今後数日間程度は強い揺れに注意し、地震に備えて欲しい」と注意を呼びかけています。