4月18日(日)、宮城県沖を震源地とするM5.8の地震が発生。岩手県一関市、宮城県石巻市と名取市で震度4、岩手県大船渡市、宮城県気仙沼市、福島市、茨城県常陸太田市等で震度3の揺れを記録。東北から関東、甲信越、東海の広い範囲で震度1~2の揺れを観測しました。同日、広島県でも広島県北部を震源とする地震が発生し、庄原市で震度4を観測。4月12日(月)、トカラ列島近海を震源とする地震があり、鹿児島県十島村で震度4を観測する等、全国各地で地震が相次いで発生しており、地震対策が全国的に取り組むべき課題となっていると思われます。