熊本県阿蘇山で火山噴火発生 2016年以来噴火警戒レベルを3へ引き上げ

今月20日(水)、熊本県阿蘇山・中岳で噴火が発生し、噴煙が3,500mの高さまで上がり、火砕流は火口から1km以上の場所に達したことが確認されました。同日、気象庁は、噴火警戒レベルを5年ぶりに3に引き上げました。今月に入り阿蘇山の火山活動が活発化していることから、同月14日(木)に噴火警戒レベルを2に引き上げたばかり。25日(月)、阿蘇山では中岳第一火口を震源とする振幅の小さな火山性地震が増加しており、20日と同規模の噴火が発生する可能性があるとの情報を発表し、火山への警戒を強めています。