(株)三技協

出展製品

超高密度気象観測・情報提供サービス「POTEKA」
防災サポート情報サービス NEW
Platform V

展示内容

ホームページ

https://www.sangikyo.co.jp/

企業PR

▼企業PR▼

人々の暮らしが多様化する中、全国の自治体を中心に安全かつ快適に暮らすために、弊社では様々な取り組みを進めております。
その中でも近年、自然災害の多発により国内ではICT技術を活用した防災対策への需要が特に高まっています。
この技術を活用することで、災害時の迅速かつ正確な状況把握と適切な対応への早期着手が可能となります。
三技協グループでは「いつ、誰が、どこで、何を、どれくらい」という各災害情報をICT技術でつなぎ、
個人、自治体、国それぞれの防災対策に有効活用できる仕組みを提供し、災害に対する備え、発生時の対応、復旧を支援しています。



▼製品紹介PR▼

1.超高密度気象観測・情報提供サービス「POTEKA」

「POTEKA」ではピンポイントかつリアルタイムな気象・防災情報をご提供いたします。
観測項目は気温、湿度、気圧、風向風速、日射、雨量など計13要素で、情報閲覧サービス「POTEKA NET」と無料スマートフォンアプリ「My POTEKA」にてどなたでも閲覧可能です。
また「POTEKA」では収集したデータをクラウドサーバーに蓄積するため、維持管理費も抑えることが出来ます。

観測データと公的機関の各種気象情報(※1)を集約しているため、災害時の防災対策などの判断材料としてご利用いただけます。
これにより緊急時に公的機関より発表される情報を一元管理できることで、市内各地の状況把握が素早く行えます。
このほかにも、市内を流れる河川の上流域に「POTEKA」を設置することで雨量状況や河川の水位監視が可能となり、より確度の高い避難判断が実現可能となります。

(※1)気象庁危険度分布、アメダス/河川情報


2.防災サポート情報サービス「CoCoChat」

「CoCoChat」はPOTEKAによる気象観測データと気象庁から公表される関連情報(※2)を連携し、一元化された気象・防災情報をご提供いたします。
本製品には、閾値(※3)を超えた観測項目のアラートを行う機能や登録地域の警報・注意報の発令状況が確認できるプッシュ通知機能などがございます。

「CoCoChat」では、ピンポイントかつリアルタイムな気象・防災情報を複数人で共有できるため、関係団体間での状況確認や連絡手段としてご利用いただけます。
またGPSの位置共有機能を通じて、市内の状況把握や避難所の管理運営など、適切な人員配置を行うための判断材料として自治体様の災害対応を支援いたします。

(※2)警報、注意報
(※3)POTEKAにて観測した気象データは閾値を任意設定することが可能です


3.「Platform V」

「Platform V」は、USBキーを差し込むだけで社外PCから社内サーバまたは自席PCにリモートアクセスができ、モバイルワーク(※4)やテレワークといった多様化する現代の働き方に対応したシステムです。
感染症のパンデミック対策や大規模災害発生時のBCP対策としてもご利用いただけるため、業務の継続性確保・効率化に貢献いたします。

本製品は専用ゲートウェイを設置しお客様の既存ネットワークシステムへ追加する形なので、インストールレスで手軽にご利用いただけます。
また、画面情報転送タイプのため社外PCにデータが残らず、ウイルス感染や盗難・紛失など万が一の際も情報漏洩の心配がありません。

(※4)iPhone、iPadのみ対応

連絡先

〒980-0014
住所:宮城県仙台市青葉区本町1丁目12‐21 ステータスビル
電話番号:022-212-7455
メール:sendai_eigyou@sangikyo.co.jp

SNS

 

 

 

前の記事

ホリカフーズ(株)