MENU

専業主婦がお金を借りることはできる?家族に内緒で借りる方法と注意点

収入がない専業主婦は、お金を借りるのが一般的には難しいと考えられます。

しかし、普段家計をやりくりする中で、どうしてもお金が足りなくなる場面は少なくないでしょう。

冠婚葬祭や子どものトラブルと言ったタイミングで、急にまとまったお金を用意しなければならない時があります。

融資を受けると考えた時、「旦那に申し訳ない」「借りると怒られる」といった理由で家族に内緒で借り入れしたい主婦は多いです。

この記事では、専業主婦が家族に内緒で借り入れする方法をご紹介します。

専業主婦が借り入れする場合、気を付けておくべきポイントもまとめました。

家族に黙ってまとまったお金の融資を受けたい専業主婦は、ぜひ参考にしてください。

目次

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローンが最適

専業主婦はお金を借りにくいと思われていますが、結論から述べると専業主婦でもカードローンを利用して借り入れできます。

専業主婦が借り入れするなら、銀行カードローンの利用がおすすめ。

銀行カードローンが最適な理由は、申込者本人に収入がなくても、世帯収入があれば申し込みできるからです。

専業主婦は忙しい身であるものの働いておらず、自分名義での収入がありません。

カードローンで借り入れする場合、基本は安定した収入が必要です。

ローン会社は貸したお金を返済してもらうため、審査時に「返済能力」があるかを重視します。

毎月一定の収入があれば、返済に充てられるお金があると判断できるため、収入の有無を重視する傾向です。

それに対し銀行カードローンでは、申込者本人に収入がなくても、申込者が属する世帯に収入があれば審査対象としています。

一例として、銀行カードローンの申込条件をご紹介します。

1.日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
2.ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
3.ご本人または配偶者に安定かつ継続した収入の見込める方。
※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)の方は可、学生の方は不可。
4.イオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
引用:よくあるご質問│イオン銀行カードローン

配偶者に安定した収入があればお申し込みいただけます。年金による一定の収入がある方も同様です。
引用:商品概要│PayPay銀行カードローン

本人が無収入でも配偶者に収入があれば申し込みできるので、専業主婦でも問題なく利用できます。

ただし、すべての銀行で専業主婦の借り入れに対応しているわけではありません。

大手銀行の専業主婦に対する扱い
分類 銀行名 専業主婦の申し込み
メガバンク 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ×
三井住友銀行カードローン ×
みずほ銀行カードローン ×
りそな銀行カードローン ×
ネット銀行 PayPay銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン
セブン銀行カードローン
イオン銀行カードローン

こうしてみると分かる通り、メガバンクのカードローンは専業主婦の申し込みに対応していません。

専業主婦でも申し込める銀行カードローンは、ネット銀行または地方銀行に多いです。

まずは申し込みしやすいネット銀行カードローンの利用を検討しましょう。

家族にバレずに借りやすい!専業主婦が銀行カードローンを利用するメリット

実際に、専業主婦が銀行カードローンで融資を受ける場合のメリットをご紹介します。

家族に借り入れがバレたくない人も利用しやすいシステムなので、専業主婦にとってはメリットが多いです。

特に大きなメリットとなるポイントをいくつかピックアップしました。

専業主婦が銀行カードローンを利用する際のメリット

  • 低金利で借りられる
  • 旦那に借り入れが知らされない
  • 旦那の会社への在籍確認がない
  • 郵送物でバレる可能性が低い
  • スマホやアプリのみで管理できる
低金利で借りられる

銀行カードローンを利用する最大のメリットは、金利が低いことです。

借り入れした場合、借りたお金の返済だけでなく、金額や借入期間に合わせて利息を支払わなければなりません。

支払う利息は、適用される金利によって大きく異なります。

専業主婦が利用できるネット銀行カードローンの金利は以下の通りです。

ネット銀行名 金利
PayPay銀行カードローン 年1.59~18.0%
楽天銀行スーパーローン 年1.9~14.5%
セブン銀行カードローン 年12.0~15.0%
イオン銀行カードローン 年3.8~13.8%

ほとんどの銀行カードローンは、上限金利が15.0%前後に設定されています。

消費者金融は上限金利18.0%前後なので、3.0~4.0%ほど低金利で借りられます。

例えば金利18.0%の消費者金融と金利15.0%の銀行カードローンで、1年間20万円借りたと仮定しましょう。

以上の場合、それぞれ支払わなければならない利息は以下の通りです。

カードローン 金利(年率) 支払う利息
銀行 15.0% 約30,000円
消費者金融 18.0% 約36,000円

金利が3.0%違うと、6,000円も利息に差が出ます。

できるだけ支払う利息を減らし、負担を軽減させたい専業主婦は銀行カードローンがおすすめです。

旦那に借り入れが知らされない

銀行カードローンでは、旦那の収入(世帯収入)での審査となりますが、申込名義は専業主婦本人です。

契約も申し込んだ専業主婦が行うため、旦那の契約ではありません。

カードローンを始めとして様々な契約を結んだ場合、守秘義務が発生します。

個人情報保護の観点から、カードローン会社は第三者に対し、借り入れの告知を行いません。

つまり、専業主婦が自分名義で借りたカードローンの契約について、ローン会社は旦那に知らせません。

「あなたの奥さんがカードローンを契約しました」といった連絡は行かないので、申込者が旦那に言わない限り基本はバレにくいです。

契約時に旦那の承諾書や署名も必要ないので、家族に内緒で借り入れしたい人に向いています。

旦那の会社へ在籍確認はない

専業主婦が銀行カードローンに申し込んだ場合、懸念すべきは旦那への在籍確認です。

在籍確認とは、申込時に記入した職場で本当に働いているかを確認する行為。

専業主婦の場合、在籍確認は基本的に自宅への電話で完了します。

なぜなら申込者はあくまで妻であり、実際に収入を得ている旦那ではないからです。

専業主婦が申込時に入力した住所に住んでおり、カードローンに申し込んだ事実が間違いでないと確認するのが目的。

専業主婦本人が電話に対応できれば、審査を滞りなく進めてくれる可能性が高いでしょう。

ただし、収入が著しく低い時や旦那が正社員でない場合、旦那の勤務先に在籍確認が行われる可能性もあります。

旦那にバレないよう借り入れしたい人は、申込後に在籍確認の有無を問い合わせておくのが無難です。

郵送物でバレる可能性が低い

借り入れが家族にバレるタイミングは、ローン会社からの郵送物を見られた時が多いと言われています。

お金を貸す会社の社名が書かれた郵送物や明細書が見つかれば、借り入れは簡単にバレやすいです。

銀行カードローンの場合、ローンカードや明細書が送られてくる封筒には、銀行名しか書かれていません。

例えば楽天銀行スーパーローンなら「楽天銀行」としか書かれておらず、封筒にカードローンについての記載はありません。

もし郵送物が見つかっても、「銀行口座を開設した」とごまかしやすいです。

取り繕った嘘を付く必要がないので、怪しまれにくいでしょう。

ただし、郵送物の中身を見られてしまうとバレる可能性があります。

旦那が仕事でいないタイミングに受け取り、書類の管理は慎重に行ってください。

スマホやアプリのみで管理できる

専業主婦が申し込める銀行カードローンは主にネット銀行が多いです。

ネット銀行は実店舗を持たない銀行なので、取引は基本Web上または専用アプリ内で行います。

カードローンの利用も同様で、Webサイトかアプリで管理します。

現在の借入残高や返済日をスマホですぐに確認できるため、返済し忘れるトラブルを避けやすいでしょう。

また、家計簿アプリと合わせ利用すれば、カードローンの利用金額と家計を一緒に管理できて非常に便利です。

ネット銀行の利便性は、お金の管理を任されている専業主婦に向いています。

銀行カードローン利用時はデメリットもあるので注意する

専業主婦にとってメリットが多い銀行カードローンでの借り入れですが、デメリットもあります。

申込前にどのようなデメリットがあるか、事前に把握しておきましょう。

特に急いで融資を受けたい人は注意してください。

専業主婦が銀行カードローンを利用する際のデメリット

  • 即日融資はできない
  • 必ず審査に通るわけではない
即日融資はできない

銀行カードローンは即日融資に対応していません。

以前は即日融資を行っていましたが、銀行カードローンの「貸し過ぎ」が問題となり、規制が厳しくなりました。

信用情報の精査を慎重に行い、警視庁のデータベースに照会して審査を行う方針に切り替えられています。

審査に時間がかかるため、銀行カードローンでは即日融資に対応しなくなりました。

早めに申し込んでも最短で翌営業日以降となるため、「今日中にお金を借りたい」といった人には向いていません。

また、土日祝で銀行が休業している時も審査されない場合が多いので、休日を挟むとさらに時間がかると覚えておきましょう。

必ず審査に通るわけではない

銀行カードローンは、消費者金融よりも厳しく審査する傾向です。

正社員として自分で稼いでいても審査に落ちる人がおり、審査通過率は低いと言われています。

自分で収入があっても審査に落ちるレベルなので、専業主婦が審査に通過するのは難しいと考えられます。

旦那に安定した収入があり、年収が高くても審査に落ちる可能性は否めません。

必ず審査に通るわけではないので、申し込んだからと行って油断せず結果を待ちましょう。

特に、以下の条件に当てはまる専業主婦は注意が必要です。

  • 旦那が自営業で収入にムラがある
  • 旦那の収入が著しく低い
  • 自分または旦那の信用情報に傷が付いている
  • すでに他のカードローンで多額の借り入れがある

専業主婦におすすめの銀行カードローン4選

メリットとデメリットが分かったところで、次は専業主婦におすすめの銀行カードローンをご紹介します。

この記事で紹介するのは、専業主婦でも利用できるネット銀行カードローン。

利便性や金利を踏まえ、専業主婦でも利用しやすい銀行カードローンをまとめました。

特典をたくさん利用できる楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの公式キャプチャ

金利 年1.9~14.5%
借入限度額 800万円
審査時間 数日間(土日祝を除く)
専業主婦の申し込み
※60歳以下まで

楽天をよく利用している人なら、楽天銀行スーパーローンがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンは、楽天の会員ランクによって審査が優遇されます。

楽天をほとんど利用していないレギュラーと、最高ランクのダイヤモンドでは、ダイヤモンドの方が審査通過しやすい傾向です。

収入以外で審査基準が明確になっているため、専業主婦でも申し込みやすいでしょう。

また、楽天銀行スーパーローンは申込時に様々な特典を受けられます。

楽天銀行スーパーローンで借り入れすると、楽天ポイントがもらえます。

専業主婦が借りられる50万円ほどだと、最大2,000ポイント獲得可能。

借り入れするだけで2,000円分のポイントが貰えるので、お得に利用できます。

無利息期間があるPayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンの公式キャプチャ

金利 年1.59~18.0%
借入限度額 1,000万円
審査時間 最短60分
専業主婦の申し込み
※配偶者に収入があれば申込可能

短期間で返済する目処が立っている人は、PayPay銀行カードローンがおすすめです。

PayPay銀行では、初回借入日から30日間は利息がかからない無利息期間を設けています。

30日以内に返済できれば利息なしで借り入れできるので、非常に便利です。

上限金利は他の銀行カードローンより高いので、長期的な借り入れには向いていません。

子どものトラブルや冠婚葬祭といった、急な出費に対応するための短期的な借り入れに向いています。

コンビニATMですぐ借りられるセブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの公式キャプチャ

金利 年12.0~15.0%
借入限度額 300万円
審査時間 最短2日
専業主婦の申し込み
※配偶者に収入があれば申込可能

セブン銀行カードローンも、配偶者に収入があれば専業主婦も借入可能です。

セブンイレブンに設置してあるATMで借入・返済できるので非常に便利。

コンビニATMを操作している姿が見られても、「お金をおろしていただけ」とごまかせるので、借入を内緒にしたい専業主婦にも向いています。

セブン銀行カードローンは申し込みから返済まですべてスマホアプリで完結。

カードレスで利用できるので、郵送物で借り入れがバレるのも防ぎやすいです。

旦那や家族に内緒で借り入れしたい人は、セブン銀行カードローンがおすすめです。

主婦でも利用しやすいイオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンの公式キャプチャ

金利 年3.8~13.8%
借入限度額 800万円
審査時間 最短数日
専業主婦の申し込み
※配偶者に収入があれば申込可能

イオン銀行を利用している主婦は、イオン銀行カードローンでの借り入れがおすすめです。

イオン銀行カードローンは、ローンカードを受け取ってATMからの借り入れが基本。

しかし、イオン銀行口座を持っていれば、ネットバンクから振込融資を受けられます。

ローンカードを使わなくても借りられるので、財布に入れっぱなしで見つかるリスクもありません。

上限金利も低く、返済時の負担を抑えやすいメリットがあります。

アプリで管理できないのはネックですが、専業主婦でも利用しやすいカードローンです。

地方銀行カードローンも専業主婦が借りられる

ネット銀行だけでなく、地方銀行でも専業主婦が借りられるカードローンを展開しています。

地方銀行はメガバンクと違い、地域に根ざした運営方針を取っている銀行が多いです。

地域に住むユーザーの希望に合わせて、専業主婦でも借りられるカードローンを展開していると考えられます。

地方銀行カードローンは金利も低く、旦那しか収入がない世帯でも返済の負担を少なく済ませられるでしょう。

専業主婦でも利用できるおすすめの地方銀行カードローンは以下の通りです。

銀行名 金利(年率) 専業主婦の申し込み
静岡銀行 4.0~14.5%
大垣共立銀行 4.5~12.5%
広島銀行 14.6%
秋田銀行 5.8~14.8%

以上の地方銀行は、全国どこからでも申し込めるカードローンの一例です。

地方銀行は地域に根付いた金融機関なので、銀行の営業区域内に住んでいる、または勤務している人しか利用できません。

自分が住んでいる地域の銀行カードローンが専業主婦に対応していない場合、全国から申し込める銀行を選びましょう。

地方銀行カードローンの申込条件には、専業主婦の申込可否が記載されていない場合も多いです。

申込前に専業主婦でも申し込めるか、電話で問い合わせておくといいでしょう。

専業主婦は消費者金融でお金を借りられない

お金が不足して借り入れを検討した時、最初に消費者金融が思い浮かぶ人も多いでしょう。

銀行カードローンが対応していない即日融資を行っており、Web完結型の申し込みできるため利便性が高いサービス。

しかし、専業主婦は消費者金融カードローンを利用できません。

なぜなら消費者金融は、総量規制に則って貸付を行っているからです。

総量規制とは、借り入れを年収の3分の1までとする貸金業法の一種。

例えば年収が150万円の場合、借りられる金額は最大でも50万円までです。

消費者金融は貸金業者なので、貸金業法を守って運営しています。

専業主婦は収入がなく、年収は0円と判断されます。

年収が0円だと総量規制で借りられる金額も0円になるため、消費者金融では専業主婦の申し込みを受け付けていません。

貸金業法では世帯収入ではなく、個人の収入を重視します。

収入がない専業主婦は消費者金融を利用できないと覚えておきましょう。

一例として、大手消費者金融における専業主婦の扱いを確認します。

消費者金融名 申込条件
アイフル 無職や年金のみの場合は契約できない
プロミス 安定した収入がない主婦は申し込めない
アコム 安定した収入がない主婦は申し込めない
SMBCモビット 安定した収入がない主婦は申し込めない

大手消費者金融では、収入のない専業主婦は「無職」と同じ扱いで判断します。

専業主婦は消費者金融の申込条件である「安定した収入」をクリアできないので、借り入れできません。

主婦が消費者金融を利用したい場合、パートやアルバイトを初めて自分名義での収入が必要です。

配偶者貸付を採用している消費者金融なら借りられる

配偶者貸付を採用している消費者金融であれば、専業主婦でも借入可能です。

配偶者貸付とは、配偶者と自分の年収を合計した金額のうち、3分の1まで借り入れができる制度。

例えば専業主婦の収入が0円でも、配偶者に360万円の収入があれば、最大で120万円まで借りられます。

収入がない専業主婦でも消費者金融を利用できるので、非常に便利な制度です。

しかし、配偶者貸付には注意点が2つあります。

配偶者貸付の注意点

  • 採用している消費者金融が少ない
  • 利用するには配偶者の同意が必要
採用している消費者金融が少ない

配偶者貸付を採用している消費者金融は決して多くありません。

先程も紹介した通り、大手消費者金融は配偶者貸付に対応していません。

配偶者貸付けを採用しているのは中小消費者金融が多く、利便性の面ではどうしても大手消費者金融に劣ります。

配偶者貸付を採用していない消費者金融が多い理由は、主に以下の2点。

配偶者貸付の注意点

  • 本人に収入がないので貸し倒れのリスクが高い
  • 書類や手続が複雑で時間もかかる

配偶者貸付は、申込者本人に収入がなくても借り入れできる制度です。

本人が収入を得ている場合より返済能力が低く、貸し倒れのリスクが高くなります。

消費者金融は貸付金が回収できないトラブルを嫌うため、貸し倒れのリスクが高い配偶者貸付に対応していないと考えられます。

また、配偶者貸付は通常の貸付より用意しなければならない書類が多く、手続きが複雑になりがち。

スピーディな融資を心がけている消費者金融としては、審査や手続きに時間がかかる配偶者貸付を避けたいのでしょう。

利用するには配偶者の同意が必要

配偶者貸付を利用するには、配偶者の同意書が必要です。

配偶者に同意してもらい、署名をもらわなければなりません。

銀行カードローンのように、家族に内緒での借り入れは不可能です。

少なくとも配偶者には借り入れすると説明しなければならないので、バレずに借りたい人には不向きでしょう。

配偶者に黙って同意書を自分で作成すると、規約違反で借り入れできないリスクがあります。

書類の偽造はおすすめできないので、旦那に内緒で借りたいなら避けるのが無難です。

専業主婦でも借りられる消費者金融カードローン

数は少ないですが、専業主婦でも利用できる配偶者貸付に対応した消費者金融をご紹介します。

専業主婦にも積極的に貸し付けているので、女性へのサポートが充実した消費者金融も多いです。

旦那の承諾がもらえるなら、配偶者貸付を利用した借り入れも検討しましょう。

女性の貸付に特化したベルーナノーティス

ベルーナノーティスのキャプチャ

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 300万円
審査時間 最短即日
専業主婦の申し込み
※配偶者に収入があれば申込可能

ベルーナノーティスは、配偶者貸付に対応した消費者金融です。

中小消費者金融の中では規模が大きく、女性や高齢者への貸し付けに積極的。

女性会員の数は24万人以上で、利用者の74%が女性と公表しています。

女性に対してのサポートが万全で、初めて融資を受ける専業主婦でも問題なく申し込めるでしょう。

借り入れから14日間は無利息期間が適用されるので、利息の支払いも抑えられます。

専業主婦の利用者も少なくないので、分からないことがあれば女性のオペレーターが丁寧に解説してくれるのも魅力です。

専業主婦でも申し込みやすいフタバのレディースローン

フタバの公式キャプチャ

金利 年14.959~17.950%
借入限度額 50万円
審査時間 最短即日
専業主婦の申し込み
※配偶者に収入があれば申込可能

フタバにも、女性向けのレディースキャッシングがあります。

借入限度額は50万円までと低めですが、必要以上の借り入れをしなくて済みます。

専業主婦が配偶者貸付を利用する場合、返済は旦那の収入からです。

できるだけ早く返済しきった方がいいので、借りすぎないフタバは逆にメリットと捉えられるでしょう。

フタバも初めて利用する時、30日間の無利息期間があります。

短期間ですぐ返済する予定の人は、銀行カードローンより利息の支払いを抑えられる可能性もあるでしょう。

専業主婦へのサポートも行ってくれるので、申し込みやすいカードローンと言えます。

専業主婦がカードローンを利用する際のポイント

専業主婦でも利用できるカードローンが分かったところで、次は借入時のポイントをご紹介します。

専業主婦が借り入れする場合、注意しておきたいポイントがいくつかあります。

申込時から借入後まで、知っておくべき情報をまとめました。

旦那に内緒で借り入れしたい人は、特にチェックしておきましょう。

専業主婦の借入限度額は50万円程度

専業主婦が借りられる金額は、最大でも50万円程度に留められる場合が多いです。

先程、「消費者金融カードローンでは総量規制の関係で、借入限度額は年収の3分の1まで」と説明しました。

銀行カードローンは貸金業者ではないため、銀行法に則って運営しています。

総量規制は貸金業法の一種なので、厳密に言うと銀行カードローンは総量規制対象外です。

ただ、貸しすぎを防ぐため、銀行カードローンもおよそ総量規制を目安に借入限度額を決定しています。

専業主婦の場合、基準となるのは世帯収入である旦那の年収です。

「旦那の年収が600万円あれば、専業主婦も200万円まで借りられる」と考えられますが、実際は違います。

世帯収入があっても、申込者本人である専業主婦に収入はありません。

返済能力が低いと判断されやすいので、世帯収入に関わらず専業主婦の借入限度額は10~30万円が妥当です。

最大でも50万円程度だと考えておきましょう。

専業主婦が50万円以上借りるなら?

専業主婦が50万円以上借りたい場合、自分に収入がない状態での借り入れは非常に難しいです。

現状、専業主婦が50万円以上借りる方法は以下の3点。

専業主婦が銀行カードローンを利用する際のメリット

  • 旦那名義で借りてもらう
  • 複数社のカードローンに申し込む
  • 目的別ローンを利用する
旦那名義で借りてもらう

1番手っ取り早い方法は、旦那名義で借りてもらう方法です。

同じ世帯収入でも、旦那であれば本人が得ている収入なので、専業主婦より返済能力が高いと判断されます。

専業主婦は50万円しか借りられなくても、旦那本人であれば100万円ほど借りられる可能性があります。

どうしても50万円以上の借り入れが必要なら、事情を説明して旦那に申し込んでもらいましょう。

ただ、旦那に内緒での申し込みはできません。

借り入れが必要な理由を説明して納得してもらわなければならないので、慎重に判断してください。

主婦が旦那の名前を使って代理で申し込むのは禁止されています。

虚偽情報として審査に落とされてしまうだけでなく、仮に審査通過しても規約違反として会員資格を喪失させられます。

2,当社は、会員が次のいずれかに該当する場合には、会員に通知することなくカードの利用を停止し、会員資格を喪失させることができ、会員にACマスターカードを交付している場合には加盟店に当該カードの無効を通知することができるものとします。なお、当社が会員資格を喪失させた時点において残債務がある場合、会員は第31条および第39条の規定に基づく遅延損害金を付加して支払うものとします。

(1)申込書の記載事項等について、会員が当社に虚偽の申告をしたことが判明したとき。
引用:AC会員規約│アコム

上記はアコムの会員規約で、虚偽申告は会員資格の喪失に該当すると定められているので注意しましょう。

また、他人名義のカードでお金を引き出すと、詐欺罪になる可能性もあります。

いずれにしても旦那の名前を使って申し込むのは非常にリスクが高いのでやめましょう。

複数社のカードローンに申し込む

専業主婦が自分の名義で50万円以上借りたいなら、複数社のカードローンを利用するのも1つの手です。

1社から50万円しか借りられなくても、もう1社申し込んで50万円の審査に通れば、合わせて100万円借り入れできます。

しかし、カードローンは同時に何社も申し込むと審査に通りにくくなる傾向です。

複数社に同時申し込みすると、「お金に困っている」「何社もカードローンを契約すると返済能力が不足する」と判断されます。

審査に通過しにくくなり、本来通るはずだった審査にも落ちてしまう可能性があります。

複数社申し込むなら、最大でも3社以内にとどめましょう。

目的別ローンを利用する

銀行や消費者金融のカードローンは借り入れたお金を自由に使えます。

必要以上の出費や浪費を防ぐため、借入限度額を低めにして金利を高くしていると考えられるでしょう。

「車を買う」「家を建てる」「子どもの入学金に使う」と、明確な使用用途が決まっているなら目的別ローンを利用してください。

目的別ローンとは、いわゆる「マイカーローン」「住宅ローン」のように資金の使用用途が決まっているローンです。

借りたお金を自由には使えませんが、カードローン以上にまとまった金額を低金利で借りられます。

最近は車や住宅だけでなく、教育ローン、医療ローンなど、様々なローンが充実しています。

カードローンを利用する前に、自分たちに合った目的別ローンがないか確認してみましょう。

旦那の収入は自己申告制なので正しい情報を入力する

専業主婦が申し込む場合、旦那の収入は自己申告制で記入します。

基本的に収入証明書の提出を求められません。

そのため、入力した年収が正しいか、金融機関側で書類を用いての確認は行わない可能性が高いです。

例えば本当の年収が300万円で、かさ増しして400万円と記入してもそのまま審査に移ります。

できるだけ多く借りるため、収入をごまかして入力する人もいますが、虚偽申告となるのでやめましょう。

書類提出は必要ないものの、旦那の信用情報に照会するタイミングで収入が分かります。

入力した年収が明らかに嘘だと分かった場合、その段階で審査に落ちる可能性が高いです。

書類提出がないからといって、旦那の年収を偽って入力するのはやめましょう。

旦那がブラックリストだと借りられない可能性が高い

何度も説明している通り、専業主婦がカードローンに申し込む時、返済能力として旦那の収入が基準にされます。

審査時、申込者である主婦だけでなく、旦那の信用情報も審査される可能性が高いです。

主婦側の信用情報に問題がなくても、旦那の信用情報に傷が付いている場合、審査に通りません。

「既に旦那名義で複数社借り入れがある」「過去支払いを延滞した」といった履歴が記録されていると、審査通過は難しいでしょう。

収入や申込情報に問題がない場合、信用情報が原因で審査に落とされているかもしれません。

スマホやクレジットカードの支払いといった各種支払いが滞納していないか、申込前に確認しておきましょう。

旦那や家族にバレないで借り入れするためには?

最近、「借入を誰にもバレたくない」といったユーザーのため、できる限り周りにバレにくい条件でお金を貸してくれる金融機関が増えています。

しかし、同じ家に住んでいる人に対しては、思わぬタイミングでバレる可能性があります。

旦那に内緒で借り入れしたい人は、申し込みから返済に至るまで、バレないよう徹底して対策を行うべきです。

ここからは、借り入れがバレないための工夫や気を付けておくべきポイントについてご紹介します。

できる限り郵送物がないカードローンに申し込む

記事の最初でも述べた通り、借り入れがバレる原因として多く挙げられるのは郵送物です。

明細書や借入用のローンカードが家に届き、勝手に開封されてしまうとカードローンの利用がバレてしまいます。

家族に内緒で借り入れするなら、できる限り郵送物がないカードローンを選びましょう。

専業主婦が利用できるネット銀行カードローンで、郵送物の扱いは以下の通りです。

ネット銀行名 郵送物
PayPay銀行カードローン なし
楽天銀行スーパーローン ローンカードが郵送される
セブン銀行カードローン 口座開設を同時に行う場合、キャッシュカードが郵送される
すでに口座を持っている場合はなし
イオン銀行カードローン ローンカードが郵送される

完全に郵送物がないのはPayPay銀行カードローンのみです。

しかし、いずれにしても郵送物は銀行名のみで届くため、「口座を開設した」と言えばごまかしやすいでしょう。

郵送物は旦那が仕事に行っている時間に受け取り、すぐ見つからない場所に隠しておくのが無難です。

通帳や財布の管理に気を付ける

旦那が通帳や財布を見られる環境にある人は、それぞれ管理に気を付けましょう。

ローンカードは銀行のキャッシュカードに似ていますが、よく見るとローンカードだとバレてしまいます。

借り入れと返済以外のタイミングでカードを財布から出しておく、普段とは違う財布で保管するといった工夫が必要です。

借り入れと返済を口座振込・引落で行う場合、通帳の管理も厳重にしましょう。

銀行から多額のお金が振り込まれていると記帳されている場合、借り入れがバレてしまいます。

旦那が知らない口座で管理するか、借り入れと返済をコンビニATMで行えばバレにくいです。

返済を滞納するとバレるリスクが高い

返済を滞納すると、バレる確率が非常に高くなるので注意してください。

郵送物なしのカードローンを利用していても、支払いの督促状は必ずハガキで届きます。

封筒にも入っていないため、督促状だとひと目で分かる可能性が高いです。

借り入れしているだけでなく、支払いを滞納しているとすぐにバレてしまうため、督促状が送られてくる前にかならず返済してください。

督促状を上手く隠し通しても、そのまま返済しないでいると次は旦那に連絡される可能性があります。

旦那への連絡では、主婦名義で借り入れがあり、滞納しているとすべて伝えられてしまうので注意してください。

また、何度も支払いを滞納すると、今後ローンを組む際にマイナス評価となります。

マイカーローンや教育ローンを組む際、審査落ちする可能性が高いです。

信用情報は個人で開示可能なため、審査落ちした際に開示すると借り入れがバレるでしょう。

返済を滞納するとマイナスポイントしかないので、必ず毎月返済してください。

借入金額も、無理のない範囲で返済できる分にとどめておきましょう。

目次
閉じる